top of page

ウィッグの歴史 中世~現代への変還

皆様こんにちは。広尾にある美容室HAIRSALON-Sです。


ウィッグは髪のスタイリングやファッションの一部として長い歴史を持つアクセサリーです。中世から現代にかけて、ウィッグはさまざまな時代と文化で使用され、その用途やスタイルも多様化しました。この記事では、ウィッグの中世からの歴史とその変遷について探ってみましょう。


1. 中世のウィッグ: 中世ヨーロッパでは、ウィッグが実際の髪の代わりとして使用されました。この時代のウィッグは、頭髪を隠すために帽子の下に被ったり、髪型を装飾するために使用されました。ウィッグは高貴な身分の人々の間で特に一般的でした。

2. バロック期のウィッグ: 17世紀から18世紀のバロック期には、フランス宮廷で特に華麗なウィッグが流行しました。大きなかつら(ペリュック)が、王族や貴族のファッションの一部として確立されました。これらのウィッグは髪型が複雑で装飾的であり、社会的な地位を示すシンボルでした。

3. アメリカ独立時代のパウダード・ウィッグ: 18世紀後半、アメリカ独立時代には男性の間でパウダード・ウィッグ(粉を振りかけたウィッグ)が流行しました。これらのウィッグは白い粉で覆われ、独特のスタイルで髪型を整えるために使用されました。

4. ヴィクトリア朝時代のウィッグ: 19世紀に入ると、ウィッグはより自然な外観を持つようになりました。ヴィクトリア朝時代には、女性もウィッグを使用し、さまざまな髪型を楽しむために髪の延長や装飾としてウィッグを取り入れました。

5. 現代のウィッグ: 現代では、ウィッグはさまざまな目的で使用されています。ファッション、化粧、医療用、宗教的な目的、演劇、映画、コスプレなど、多岐にわたります。近年では、自然な見た目を持つウィッグが広く利用されています。

ウィッグは中世から現代にかけて、社会やファッションの変遷とともに多くの変化を経てきました。その用途も多様化し、今日では個人のスタイルやニーズに合わせて幅広く利用されています。ウィッグは髪型や外見を変えるための便利なアクセサリーとして、その歴史を刻み続けています。 HAIRSALON-Sは広尾にある美容室です。1席のみの完全プライベートサロンのため周り気を遣わずゆっくりとご自分のお時間をお過ごしいただける空間を提供しております。お子様連れの方、髪や頭皮に悩みを持つ方、美容室が苦手な方にも安心してご来店いただいております。当店は、ヘアデザインに加え育毛、オーダーメイドウィッグ、増毛エクステにも注力しております。


広尾で美容室をお探しの方はお気軽にご相談ください。

Opmerkingen


bottom of page