top of page

ミノキシジルとは

皆様こんにちは。広尾にある美容室HAIRSALON-Sです。今回は育毛成分で有名なミノキシジルについて簡単にまとめてみました。



ミノキシジルは、米国のファルマシア・アップジョン社(現・ファイザー株式会社)が1960年代に開発した、高血圧症患者向けの血圧降下剤です。

しかし臨床実験中に多毛症の副作用が報告されたため、薄毛治療用に転用されました。


1980年代にミノキシジル濃度2%の薄毛治療用の外用薬が誕生し、現在では世界中の製薬会社から、ミノキシジルが含有されている外用薬が発売されています。

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)治療に効果のある外用薬(皮膚へ直接塗布する薬剤の総称)として、国内で認可されています。ミノキシジル濃度2%~5%のものが主流であり、医師の診察と処方があれば5%を超える濃度のものも使用可能です。

ミノキシジル濃度の高い外用薬は、専門クリニックでの検査や医師の診断がなければ入手できません。含有量が多ければ多いほど大きな改善効果を見込めますが、副作用のリスクも高まるからです。自己判断で使用することは絶対に避けましょう。


作用機序: ミノキシジルは、血管を拡張させる作用があります。頭皮に塗布すると、血流が増加し、毛包に栄養や酸素が供給され、髪の成長を促進する効果があります。



効果: ミノキシジルの効果は個人差がありますが、多くの人に脱毛症の症状を軽減する効果があります。髪の成長を促進し、薄毛や抜け毛の進行を遅らせることが期待されます。


副作用: 使用に際しては注意が必要で、頭皮のかゆみや赤み、皮膚の乾燥などの副作用が報告されています。また、一部の人には心拍数の増加や低血圧などの症状が現れることもあります。


注意点: ミノキシジルは血圧降下剤として開発されてものであり、血管拡張作用があることから、高血圧患者や狭心症をはじめとする循環器系の疾患を抱えている方の使用は注意が必要です。


ミノキシジルは効果を期待できる成分ですが、くれぐれも含有量や副作用に気をつけて使用しましょう。


HAIRSALON-Sは広尾にある美容室です。1席のみの完全プライベートサロンのため周りの方に気を遣わずゆっくりとご自分のお時間をお過ごしいただける空間を提供しております。お子様連れの方、髪や頭皮に悩みを持つ方、美容室が苦手な方にも安心してご来店いただいております。当店は、ヘアデザインに加え育毛、オーダーメイドウィッグ、増毛エクステにも注力しております。広尾で美容室をお探しの方はお気軽にご相談ください。



Comments


bottom of page